Menu

LEDとは

LEDは現在、家庭で一般的に使われるようになってきています。LEDとは発光ダイオードという半導体に電気を流すことで発光する蛍光灯のかわりになることを期待されているものです。今まで使われていた蛍光灯は蛍光管というものに電気を流すことで発光する仕組みになっています。実はLEDと蛍光灯には大きな違いがあります。まずはその寿命です。蛍光灯は13000時間ほどしか使用できませんが、LEDの場合は、4万時間ほど利用できます。そのため、LEDに切り替えることによって、頻繁に交換する必要性がなくなるため、照明にかかる費用が格段に減ります。さらに、ものによっては消費電力が蛍光灯よりも少ないため、電気料金が減るという大きなメリットもあります。電気料金が減るということは二酸化炭素の排出量にも大きく関わってきますので、環境保全に貢献するためにもLEDに交換するメリットはあるでしょう。その他にもLEDには面白い機能があります。夜になると照明に虫がたかっているところを見たことがある人は多いかと思います。あれは証明が発生させている紫外線に集まってきています。LEDの場合、その紫外線を発生させないので、虫が集まることによる劣化を防ぐことが可能です。このようなLEDと蛍光灯の違いを理解していればLEDがどれだけ次世代の照明かということがお分かりいただけたかと思います。ぜひ、今度交換する際はLEDにしてみましょう。