Menu

LEDディスプレイのすごさ

モニターがブラウン管から薄型になった事が大きな転換点となり、その後は映し出される映像の質に重点が置かれて研究開発が行われています。

そうした中、いくつかの種類を差し置いて人気を集めているのがLEDディスプレイのすごさです。

専門家をメインとして知識に精通している面々がこぞって注視していたのは、有機ELとの違いやハイビジョンとの違いが顕著であったためです。

特にハイビジョンとの違いは省電力が挙げられ、LEDディスプレイのすごさはほぼ全ての製品で消費電力が30ワット以下に抑えられていますし、取り分けて低電力のものなら18ワットしかないものもあります。

ハイビジョンは鮮明かつ良い発色を実現させられるものの、そのためには大きな電気を消費しなければならないので、使い続けるほど電気代の負担が大きなものになってしまいます。

そうした負担は一般家庭はもちろんイベントやショップ、コンビニやスーパーマーケットなどでも例外ではないですし、一般家庭よりも長い時間電源を入れたままにしているので、尚更ランニングコストは膨らみます。

そして、有機ELとの違いに関してはどちらも歴史が浅く最先端技術を盛り込んでいるのに、既に大画面化に漕ぎ着けられているのがLEDディスプレイのすごさです。

有機ELも既にあらゆる家電などに実装されているものの、カメラのファインダーやスマートフォンのディスプレイなどのように小さなものに限られているので、大きなテレビ画面やコンピュータ用のモニターに用いられているのがLEDディスプレイのすごさです。